Top >  脳卒中・脳ドック周辺知識 >  欠点を知った上で活用する

欠点を知った上で活用する


脳ドックは、欠点を知った上で正しく活用しましょう。

・欠点、脳ドックにも誤診はある
・欠点、脳ドックで全ての病気が見つかるわけではない
・欠点、危険な病院で受けた脳ドックは意味が無い



 脳ドックは欠点を知った上で活用

これまで、脳ドックの欠点を指摘してきましたが。誠実な病院で脳ドックを受けた場合、その恩恵は計り知れません。脳ドックの欠点を理解した上で、適度に距離を取ることができれば、


・脳障害の危険から、身を守ることも可能になります。
・危険な病院に遭遇する確率を、減らすことができます。
・検査結果に、振り回されることも少なくなります。


脳の病気は、一度発症してしまうと取り返しのつかない事になることも。体の麻痺や言語障害・痴呆など、重い後遺症が残る可能性も高いため、脳の病気は発症前に対策を取ることが重要になります。


重要なポイント
脳ドックは、欠点を認識した上で活用しましょう。
あなたの人生から、脳障害の危険を大幅に減らすことが可能になります。



         

脳卒中・脳ドック周辺知識

関連エントリー

前触れなく 突然倒れるケース
前触れの後に倒れるケース
検査結果は大袈裟に伝わる
欠点を知った上で活用する


免責事項

当サイトに掲載されている情報は参考程度に捉えるようお願いします。
正確な情報を記載するように注意を払っていますが、その内容に誤りが無いことを保障するものではありません。最終判断は自分の頭でするようお願いします。当サイトの情報を閲覧・利用したことで生じた損害・トラブルに、責任を負うことはできません。あらかじめご了承下さい。