Top >  脳ドックの基礎知識 >  MRI検査

MRI検査


MRI 検査の解説。

機能、副作用、危険性について。


MRI 検査とはどういったものか?
機能、副作用、危険性について。一通り解説します。


 MRI は、脳内部を画像で再現できます。

MRI は、脳内部を画像で再現することができます。

脳ドック当日は、トンネル(筒)のような機械に入ってもらい、40分程かけて脳内部を撮影します。心臓ペースメーカーや腕時計等、金属を身につけている場合は利用できませんので注意してください。


MRIは誤診率が低いことで有名です。脳内部をより正確に再現できるようになったため、チェックが容易になり誤診率が低下したのです。



 MRI の副作用、危険性

MRIには、大きな副作用・危険性は無いと言われています。医療に‘絶対’はありませんが。MRIの普及で、脳の検査はだいぶ安全になりました。


脳を切開する必要もありませんし、一昔前のように造影剤を利用するもありません。※状況によっては、造影剤を使用することもあります。検査前に気になることがあれば、医師に相談してみましょう。

医療に‘絶対’はありませんが。昔と比べると、高い精度で脳の病気を発見・予防できるようになったと言えます。


重要なポイント
MRI検査は脳内部を画像で再現できます。
危険性・副作用が無い上、診断精度が高いのが特徴です。



         

脳ドックの基礎知識

関連エントリー

脳ドックの基礎知識
脳ドック費用・料金
MRI検査
人間ドック・脳ドックの違い
脳ドックの検査項目


免責事項

当サイトに掲載されている情報は参考程度に捉えるようお願いします。
正確な情報を記載するように注意を払っていますが、その内容に誤りが無いことを保障するものではありません。最終判断は自分の頭でするようお願いします。当サイトの情報を閲覧・利用したことで生じた損害・トラブルに、責任を負うことはできません。あらかじめご了承下さい。