Top >  発病しやすい方の特徴 >  喫煙・過度の飲酒

喫煙・過度の飲酒


喫煙・過度の飲酒。
脳卒中で倒れる可能性が高くなります。



 喫煙・過度の飲酒。

喫煙は脳卒中の発症率を上げてしまいます。できれば禁煙。無理なら本数を減らすようにしましょう。

1日数本程度であれば、大きな問題はないのですが。煙に含まれる一酸化炭素を吸い続けると、脳梗塞が発症しやすくなります。ヘビースモーカーの方は、脳卒中で倒れる可能性が高くなるということを覚えておいてください。


飲酒は、ほどほどであれば問題はありません。飲酒は喫煙と比べると害が少ないので、嗜む程度であれば、飲んでも問題ありません。医師から直接ストップがかからなければ、お酒の量を減らす必要はありません。


重要なポイント
喫煙・過度の飲酒。脳卒中で倒れる可能性が高くなります。



         

発病しやすい方の特徴

関連エントリー

年齢が40歳以上
家族に発病歴がある
高血圧・高コレステロール
喫煙・過度の飲酒


免責事項

当サイトに掲載されている情報は参考程度に捉えるようお願いします。
正確な情報を記載するように注意を払っていますが、その内容に誤りが無いことを保障するものではありません。最終判断は自分の頭でするようお願いします。当サイトの情報を閲覧・利用したことで生じた損害・トラブルに、責任を負うことはできません。あらかじめご了承下さい。