Top >  発病しやすい方の特徴 >  高血圧・高コレステロール

高血圧・高コレステロール


高血圧・高コレステロールを抱えた体は
脳卒中の発症率が上がります。

高血圧・高コレステロールを抱えた体は、脳卒中の発症率が上がります。



 高血圧と脳卒中

高血圧は脳卒中の発症率を上げてしまいます。高血圧を一言で言い表すと、常に血管に圧力がかかっている状態を言います。高血圧が続くと、ダメージが蓄積していき血管は徐々に脆くなります。

血管が耐えられないほどの圧力がかかり続けると、血管にコブのようなものが出来ます。過度な血流を捌ききれず、コブに血が溜まるようになるのです。※このコブの正式名称は動脈瘤と言います。


倒れるときは。強い精神的ストレス・過度の興奮などで血圧が一時的に跳ね上がり、それがきっかけとなって血管にできたコブ(動脈瘤)が破裂し出血します。

脳卒中と高血圧は密接に関係しています。普段から高血圧の方は注意しましょう。



 高コレステロールと脳卒中

高コレステロール(肥満)で過度な脂肪を溜め込むと脳血栓を引き起こしやすくなります。また、心臓や血管への負担が大きく、他の病気(糖尿病や高血圧等)を誘発する原因にもなります。


高コレステロールのデメリットはそれだけではありません。万が一、脳卒中で倒れた場合、再発する可能性が高くなります。手術後も脂肪は付いたままなので、いつ倒れるか判らないという危険な状態が続きます。


重要なポイント
高血圧・高コレステロールを抱えた体は 脳卒中の発症率が上がります。



         

発病しやすい方の特徴

関連エントリー

年齢が40歳以上
家族に発病歴がある
高血圧・高コレステロール
喫煙・過度の飲酒


免責事項

当サイトに掲載されている情報は参考程度に捉えるようお願いします。
正確な情報を記載するように注意を払っていますが、その内容に誤りが無いことを保障するものではありません。最終判断は自分の頭でするようお願いします。当サイトの情報を閲覧・利用したことで生じた損害・トラブルに、責任を負うことはできません。あらかじめご了承下さい。