Top >  脳卒中・脳ドック周辺知識 >  検査結果は大袈裟に伝わる

検査結果は大袈裟に伝わる


検査結果は大袈裟に伝わります。

少しでも疑わしければ
「要精密検査」といった扱いにします。


脳ドックの検査結果は大袈裟に伝わります。



 安全策として、とりあえず 要精密検査にしておく

病院は「間違いでした」で済まない場所です。問題なしと診断した後に発症すると、訴えられることもあります。内心では大丈夫だと思っていても、安全策として「要精密検査」という扱いにするケースが多いのです。


これは、人間ドックの結果で考えると判りやすいと思います。健康な人が受けても、後日送られてくる検査結果には「要精密検査」と書かれています。その通りに精密検査をしても、放置しておいても大丈夫なほどの異常でしかなく、ほとんどの場合は肩透かしで終わります。


検査結果とは適度に距離を取ってください。仮に異常があったとしても、ほとんどは放置しておいても良いレベルのものです。検査結果は大げさに伝わります。異常ありと言われても、そういうものだと思ってください。


重要なポイント

脳ドックの検査結果は大袈裟に伝わります。



         

脳卒中・脳ドック周辺知識

関連エントリー

前触れなく 突然倒れるケース
前触れの後に倒れるケース
検査結果は大袈裟に伝わる
欠点を知った上で活用する


免責事項

当サイトに掲載されている情報は参考程度に捉えるようお願いします。
正確な情報を記載するように注意を払っていますが、その内容に誤りが無いことを保障するものではありません。最終判断は自分の頭でするようお願いします。当サイトの情報を閲覧・利用したことで生じた損害・トラブルに、責任を負うことはできません。あらかじめご了承下さい。