Top >  脳ドックの基礎知識 >  脳ドックの検査項目

脳ドックの検査項目


脳ドックの検査項目を紹介します。

検査項目は意外と少ないのが特徴。
2時間程で検査終了となります。


脳ドックの検査項目を紹介します。
ここでは、おおまかなイメージだけ掴んで頂ければと思います。



 脳ドックの 主な検査項目


MR検査
MR検査は、くも膜下出血、脳出血、脳梗塞、等を
早期発見・予防するために行います。


MRI(磁気共鳴画像診断)
脳を切開することなく、脳内部の状態を確認できます。
造影剤を使用しないため、副作用の心配も少なくなりました。


MRA(磁気共鳴血管造影)
血管の様子を再現し、脳動脈瘤などの発見を目的とした検査です。
脳の主要な血管に異常が無いか確認します。


血圧測定
血圧測定の検査結果は、注意しましょう。
高血圧は、脳卒中の引き金になる場合が多々あります。


眼底検査
視力の検査ではなく動脈硬化をの進行度を知るための検査です。
瞳孔のさらに奥にある眼底を撮影します。


心電図
心臓の筋肉から発生する電気信号を、体につけた電極から検出します。
緊張しすぎると、健康な人でも「異常あり」の数値が出ることも。


その他検査項目
採尿、身体計測、採血など。
※病院ごとに、検査項目は多少異なります。



 検査は、2時間程で終了します。

脳ドックは、受付から終了までおよそ2時間程で終了します。

MRIで脳を調べる検査に加え、簡単な健康診断が付いてくるイメージを持っていただくと分かりやすいかと思います。脳ドックの検査項目は病院によって若干異なりますが、検査する内容に大きな違いはありません。


重要なポイント
脳ドックの検査項目は意外と少ないのが特徴。
2時間程で検査終了となります。



         

脳ドックの基礎知識

関連エントリー

脳ドックの基礎知識
脳ドック費用・料金
MRI検査
人間ドック・脳ドックの違い
脳ドックの検査項目


免責事項

当サイトに掲載されている情報は参考程度に捉えるようお願いします。
正確な情報を記載するように注意を払っていますが、その内容に誤りが無いことを保障するものではありません。最終判断は自分の頭でするようお願いします。当サイトの情報を閲覧・利用したことで生じた損害・トラブルに、責任を負うことはできません。あらかじめご了承下さい。