Top >  脳ドックの欠点・注意点 >  危険な病院は本当に危険

危険な病院は本当に危険


危険な病院は本当に危険です。

放置しても大丈夫な状態でも、
リスクの高い医療行為をする病院もあります。

危険な病院は本当に危険です。必要の無い医療行為をする病院もあります。



 患者の健康無視の危険な医療行為

患者の健康を無視して、リスクの高い医療行為をしたがる病院もあります。経営が傾いた危険な病院の場合、特にその傾向が強く出てきます。患者の健康を無視して、保険点数(簡単に言えば診療費)の高い医療行為をしたがります。


倒産の危機が迫った場合、モラルより実益です。必要の無い過剰投薬、必要の無い手術、病院のベッドに空きがあれば必要の無い入院も薦めてきます。



 病院の運営にはお金がかかる

病院の運営にはお金がかかります。

高価な設備に、医師や看護師の人件費等。病院は運営していくだけで莫大なお金がかかります。運営費を回収し利益を出すためには、患者を集め、保険点数(診療費)の高い医療行為をする必要があるのです。


病院にはお金が必要なため、保険点数(診療費)の高い医療行為をしたがるのは自然なことです。結果的に患者の健康が守られるのであれば、医療費が多少高くなる事は見過ごしても良いかもしれませんが。しかし、

危険な病院は患者の健康を無視して、リスクの高い医療行為をしたがることがあります。そういった病院には気をつけましょう。


重要なポイント
危険な病院は本当に危険です。
放置しておいてよい状態でも、リスクの高い医療行為をする病院もあります。



         

脳ドックの欠点・注意点

関連エントリー

脳ドックにも誤診はある
危険な病院の見分け方
危険な病院は本当に危険
検査前の 薬の服用
[まとめ] 脳ドックとの関わり方


免責事項

当サイトに掲載されている情報は参考程度に捉えるようお願いします。
正確な情報を記載するように注意を払っていますが、その内容に誤りが無いことを保障するものではありません。最終判断は自分の頭でするようお願いします。当サイトの情報を閲覧・利用したことで生じた損害・トラブルに、責任を負うことはできません。あらかじめご了承下さい。