Top >  脳ドックの欠点・注意点 >  検査前の 薬の服用

検査前の 薬の服用


薬を服用している方は、
脳ドックの受診前に事前報告が必要です。



薬を服用している方は、脳ドック検査の前に事前報告が必要です。



 脳ドック受診前の薬の服用

検査内容によっては、服薬を一時中止しなければならない薬もあります。

素人が勝手に判断するのは危険です。普通は、脳ドックを受けるクリニックへの報告だけで大丈夫ですが。特殊な持病を持つ方は、かかりつけの主治医にも相談しましょう。主治医と関係が悪化していて、アドバイスが期待できない場合は、脳ドックを受ける病院側へ問い合わせてみてください。



 病院側への報告。脳ドックを受ける前に。

脳ドックを受ける病院への報告は、忘れずに行いましょう。服薬を正直に伝えることは重要です。

薬の服用を報告し忘れれば、思わぬ副作用が出ることもあります。自分の身を守る意味でも、報告は忘れずに行いましょう。副作用は出ない場合も、検査結果に影響が出ることもあります。


※服薬以外にも、食事、飲酒、運動など、検査値に影響することは沢山ありますので、検査前は医師の指示に従いましょう。

重要なポイント
服薬があれば、事前報告が必要です。
薬によっては副作用が出ることも。誤診を避けるためにも、忘れずに。



         

脳ドックの欠点・注意点

関連エントリー

脳ドックにも誤診はある
危険な病院の見分け方
危険な病院は本当に危険
検査前の 薬の服用
[まとめ] 脳ドックとの関わり方


免責事項

当サイトに掲載されている情報は参考程度に捉えるようお願いします。
正確な情報を記載するように注意を払っていますが、その内容に誤りが無いことを保障するものではありません。最終判断は自分の頭でするようお願いします。当サイトの情報を閲覧・利用したことで生じた損害・トラブルに、責任を負うことはできません。あらかじめご了承下さい。